2018年11月30日金曜日

第38話 「周瑜を怒らせる」(後編)

第38話 「周瑜を怒らせる」


こんにちは、はちやです。

やはり、赤壁の戦いは三国志演義のメインストーリーと言っても過言ではないので、面白いシーンが本当に多いですね!

諸葛亮(孔明)も周瑜もイジワルですね~(笑)それでは、さっそくあらすじを見ていきます。

《三国志スリーキングダムの第38話あらすじ》

周瑜は孫権の指示に応じ、鄱陽湖(はようこ)から戻ってきましたが、彼が戻ってきた事を知ると、夜更けにもかかわらず呉の家臣たちが続々と周瑜を訪ねてきます。

まずは、張昭率いる文官たち(張昭(ちょうしょう)、顧雍(こよう)、薛綜(せっそう) 歩騭(ほしつ))が訪れてきます。

彼らは孫権に降伏をすすめるように懇願します。

周瑜は「呉を思う気持ちは私も同じ、主君に会ってから戦うか降伏か決める」と丁重に挨拶してを帰しました。

今度は、程普率いる将軍たち(程普(ていふ)、黄蓋(こうがい)、韓当(かんとう)、周泰(しゅうたい)が訪れてきます。

彼らは孫権に戦うことをすすめるように懇願します。

周瑜は「私も降伏などしない、主君にあってから戦うか降伏か決める」と伝え、丁重に挨拶して帰しました。

次に、中立といえる面々(諸葛瑾(しょかつきん)、呂範(りょはん)、陸績(りくせき))がきます。

「降るは易し、戦うは難し」と述べさがっていきます

そして、呂蒙(りょもう)、甘寧(かんねい)、徐盛(じょせい)、丁奉(ていほう)が訪れて、将軍たちと同じように戦うことを懇願します。

次にようやく、待ち望んでいた魯粛と諸葛亮(孔明)が訪ねてきます。

さっそく魯粛は周瑜に戦うか降伏かを尋ねると、曹操は大軍で多勢に無勢のため勝ち目がないため孫権に降伏を勧めると切り出します。

思わぬ周瑜の返答に魯粛は唖然として怒り出します。

そんな魯粛に、諸葛亮(孔明)は降伏を肯定した上で、降伏せずとも曹操軍を撤退させるための策あると提案します。

周瑜が尋ねます。

周瑜「その策とは?」

諸葛亮(孔明)「貢物をして2人の美女を差し出すのです。そうすると曹操軍は戦わずして旗を巻いて撤退するでしょう」

周瑜「その美女とは?」

諸葛亮(孔明)「江東の2喬と言われる美女の大喬と小喬です。」

と諸葛亮(孔明)は、曹操がその二人を狙っていることを周瑜に伝え、不気味とも言える笑みをこぼします。

それを聞いた周瑜は激怒します。

激怒の理由は、大喬は孫策の妻で小喬は自分自身の妻のためでした。

さらに曹操の過去の女性関係を並べ例えて、人妻好きであることを挙げます。

周瑜の怒りが頂点に達し「曹操を撃破してやる!」と怒りつけ、戦う意思を固めることになります。

帰りの馬車の中で、魯粛は諸葛亮(孔明)に周瑜をわざと怒らせたことがわかったのでなぜかを問います。

すると諸葛亮は、周瑜は心の中で戦うことを決めていたのに、われら二人の心を試そうとわざと降伏を唱えたので不快に感じ、二人の妻と知りながらあえて周瑜を怒らせたと言います。

魯粛のような実直な方であれば、そのような事はしませんでしたと…。

翌日軍議が行われ、周瑜は、家臣全員の前で曹操軍の弱さを説いた上で、徹底抗戦をはっきりと発言します。

周瑜の言葉を聴き、孫権もついてに開戦の意思を固めます。

孫権は、机の角を剣で斬り「以後、降伏を唱える者がいればこのようになる」と発言し、周瑜を大都督に任命し徹底抗戦に備えます。

魯粛は、孫劉両家が力合わせ戦うことが決まり喜んでいる中、
周瑜は、諸葛亮(孔明)の才覚を恐ろしく思い、将来呉の災いとなることを危惧するのでした…。

(次回へつづく…。)

《今回の三国志スリーキングダムで気になったところ》

このあたりから、周瑜と諸葛亮(孔明)のやり取りが繰り広げられていきます。必見です!

今後のやりとりも、もう少し周瑜の心が広ければいろいろ変わってきたんだろうなと思う場面がかなり多いように思います。

《ドラマ三国志演義1994(旧三国志)のエピソード》

旧三国志(三国志演義)の「第31集 『智激周瑜』諸葛亮、智を用いて名将周瑜を激し、同盟を結ぶ」のあたり。

主要登場人物:諸葛亮、魯粛、孫権、張昭、甘寧、文聘、呉国太、周瑜、小喬、程普、諸葛瑾


《三国志スリーキングダムの登場人物(キャスト)》

孫権(そんけん、呉) … 張博(チャン・ボー) 声:咲野俊介
周瑜(しゅうゆ、呉) … 黄維徳(ビクター・ホァン) 声:小山力也
魯粛(ろしゅく、呉) … 霍青(フォ・チン) 声:岩崎ひろし
張昭(ちょうしょう、呉) … 申傑(シェン・ジェ) 声:小川真司
呂蒙(りょもう・呉) … 常鋮(チャン・チョン) 声:成田 剣
程普(ていふ、呉) … 鐘明和 声:里 卓哉
黄蓋(こうがい、呉) … 劉魁 声:小山武宏
虞翻(ぐほん、呉) … 斉環 声:林 和良
呉国太(ごこくたい、呉)… 康群智 声:久保田民絵

諸葛亮(しょかつりょう、蜀)… 陸毅(ルー・イー) 声:堀内賢雄


また、大画面などで楽しみたい方も以下のDVD・ブルーレイに収録されていますので購入してみてはいかがでしょうか?

三国志 Three Kingdoms 第4部-赤壁大戦- ブルーレイvol.4 [Blu-ray]33話~42話収録/全95話(全9巻)

2018年11月29日木曜日

第38話 「周瑜を怒らせる」(前編)

第38話 「周瑜を怒らせる」

こんにちは、はちやです。

もう12月ですね!早い…。

年末に差し掛かり、仕事がハードになってきています。

さて、今回から周瑜と諸葛亮(孔明)が関わっていくことになります。

この大物の二人のやりとりが見放せませんね!それでは、さっそくあらすじを見ていきます。

《三国志スリーキングダムの第38話あらすじ》


同盟関係を結ぶために、江東の柴桑(さいそう)まで、魯粛と共に訪れた諸葛亮(孔明)は、先ず張昭をはじめとする呉の文官と論じ、そこから孫権と謁見することになります。

孫権に謁見すると、戦うか否かで迷っている状態でした。

諸葛亮(孔明)に曹操の戦力を聴き、魯粛が真実を伝えないように言われていましたが、あっさりと曹操の戦力を伝えています。

孫権は100万の大軍にも関わらず、劉備はなぜ戦うのかと問うと、諸葛亮(孔明)は、降伏を考えている孫権を見下し嘲笑うような発言をしたため、孫権は怒って奥の部屋に戻ってしまいました。

魯粛は、諸葛亮(孔明)に孫権に対する無礼を咎めようとしますが、曹操を倒す策があるのに、孫権が訪ねもしないことを残念だと言い放ちます。

その言葉を聞いた魯粛は孫権に伝えにいきます。

すると孫権は「無礼だ、追い返せ」と憤慨してきました。

魯粛は、諸葛亮(孔明)に曹操を倒す良策があり、主君(孫権)をわざと怒らせたことを伝えます。

孫権は早まってしまい、曹操を倒す良策も尋ねないで怒ってしまったことを恥じ、自分の過ちに気付きます。

孫権は改めて酒席を用意し、諸葛亮(孔明)に会う事にしました。

改めて孫権は、諸葛亮(孔明)に曹操軍を倒すための策を尋ねます。

まずは曹操軍の戦力を伝えた上で、現状と弱点を述べていきます。

  • 曹操軍のほとんどは北方の兵士で、南方の風土に合わずに病人が続出している。

  • 長いにわたる強行軍で兵士は疲弊している。

  • 曹操軍は投降兵が多く忠誠心も低い。

  • 水上の戦いは不慣れなため、船酔いが多発している。


これらのことから曹操軍100万といえども、10万程度の戦力にしかすぎず、孫・劉が協力してあたれば、曹操軍を破るのはたやすいと説きます。

諸葛亮(孔明)の話しを聞くと、孫権は開戦の意思を固めていきます。

その夜に、張昭が孫権のもとに訪れます。

「曹操の狙いは劉備で、諸葛亮(孔明)は江東の武力を利用しようとしているだけ」と伝え、考え直すように忠告します。

張昭の進言を聴き、孫権はさらに頭を悩ませることになります。

その様子を見かねた孫権の母・呉国太は、兄の孫策の遺言であるように周瑜になぜ尋ねないのを問います。

すると孫権は、戦うか・降伏かではなく意見が別れているのでどうやってまとめるかと苦心しているところで、すでに周瑜はこちらに向かっていると話したので、呉国太は安堵します。

そうしているうちに、鄱陽湖(はようこ)から周瑜が戻ってくるのでした…。

(後半へつづく…。)

《今回の三国志スリーキングダムで気になったところ》


どの作品を見ても、諸葛亮の話術に関しては本当に感服してしまいますね。
相手の性格までも読んで先手を打ち行動をとる…。すごすぎます…。

今回も孫権との同盟を組むために、わざと孫権と怒らせ、一番影響力のある周瑜までも…。

《ドラマ三国志演義1994(旧三国志)のエピソード》


旧三国志(三国志演義)の「第31集 『智激周瑜』諸葛亮、智を用いて名将周瑜を激し、同盟を結ぶ」のあたり。
主要登場人物:諸葛亮、魯粛、孫権、張昭、甘寧、文聘、呉国太、周瑜、小喬、程普、諸葛瑾

《三国志スリーキングダムの登場人物(キャスト)》


孫権(そんけん、呉) … 張博(チャン・ボー) 声:咲野俊介
周瑜(しゅうゆ、呉) … 黄維徳(ビクター・ホァン) 声:小山力也
魯粛(ろしゅく、呉) … 霍青(フォ・チン) 声:岩崎ひろし
張昭(ちょうしょう、呉) … 申傑(シェン・ジェ) 声:小川真司
呂蒙(りょもう・呉) … 常鋮(チャン・チョン) 声:成田 剣
程普(ていふ、呉) … 鐘明和 声:里 卓哉
黄蓋(こうがい、呉) … 劉魁 声:小山武宏
虞翻(ぐほん、呉) … 斉環 声:林 和良
呉国太(ごこくたい、呉)… 康群智 声:久保田民絵

諸葛亮(しょかつりょう、蜀)… 陸毅(ルー・イー) 声:堀内賢雄

また、大画面などで楽しみたい方も以下のDVD・ブルーレイに収録されていますので購入してみてはいかがでしょうか?

三国志 Three Kingdoms 第4部-赤壁大戦- ブルーレイvol.4 [Blu-ray]33話~42話収録/全95話(全9巻)

2018年11月16日金曜日

第37話 「儒者たちとの舌戦」(後編)

第37話 「儒者たちとの舌戦」

こんにちは、はちやです。

そろそろコートが必要となってきましたね。

紅葉も進んでおり、休日は紅葉狩りを楽しんでみてはいかがでしょうか?

今回は諸葛亮が舌戦を繰り広げ、呉の文官たちを論破していくシーンが見物です。

とても面白いので、諸葛亮の活躍ぶりを見ておきましょう。

それでは、さっそくあらすじを見ていきます。

《三国志スリーキングダムの第37話あらすじ》

諸葛亮(孔明)は魯粛と共に江東に向かいます。

魯粛から再三にわたり、曹操軍の兵力などの実情は明かさないように言われています。

柴桑に着くと、魯粛はすぐに孫権に報告に行きます。

同じころ、孫権配下の文官たちは、孫権の前で何やら議論をしていました。

曹操の100万の大軍に恐れおののき、勝ち目がない戦である見込みがないと考えており、
文官の代表格である張昭を筆頭に、孫権の文官たちはこぞって曹操への降伏を唱えています。

孫権は文官を下がらせて、魯粛を残して意見を聴くことにします。

魯粛は、劉琮などのように行く末を見通しているので、孫権に降ってはいけないことを伝えます。

孫権も本心は戦いたいが、文官が降伏を勧めてくるため困っていました。

幸い魯粛は、降伏をしない考えを示していたので安心したものの、曹操軍の大軍を前に孫権自身も迷っていました。

翌日魯粛の案内で、諸葛亮(孔明)は呉の文官が集まる場所まで案内されます。

張昭をはじめとする文官たちは、劉備が孫呉の力を頼りにきたと考えていたので、打ち負かしてやろうと、諸葛亮(孔明)に舌戦を挑みにいきます。

諸葛亮(孔明)は、張昭(ちょうしょう)、虞翻(ぐほん)、顧雍(こよう)、歩隲(ほしつ)、薛綜(せっそう)、陸績(りくせき)、厳しゅん、程秉(ていへい)の順番に次々に論破していきます。

そこに、将軍である黄蓋(こうがい)が登場し、諸葛亮(孔明)を孫権のもとに案内します。

ここでも魯粛は、曹操の兵力を言わないように釘をさします。
孫権に拝謁した諸葛亮(孔明)は、早速、孫権に曹操軍の兵力を尋ねられました。

「曹操軍の兵力は100万以上、河北・荊州の兵力を合わせて140万は下りません。」と魯粛に再三にわたり釘を刺されていましたが、早速言ってしまいます。

さすがに一緒にいた魯粛も諸葛亮(孔明)の発言に驚いてしまいます。

孫権は、諸葛亮(孔明)にどうするかを問います。

孫権:「戦うか、和睦か、降伏か」

諸葛亮:「勝つと思うなら戦い、勝てぬと思うなら頭(こうべ)を垂れるべきでしょう。」

孫権:「劉備殿はなぜ降伏せん!?」

諸葛亮:「劉備殿は漢室の末裔、たとえ敗れて命を落としても降伏はしません。孫権殿とは違います。」

孫権:「…。」

孫権は気分を害し自室へ戻っていきました。

張昭をはじめ、文官達は孫権を怒らせてしまった諸葛亮(孔明)を嘲笑い下がっていきました。

(次回へつづく…。)

《今回の三国志スリーキングダムで気になったところ》

諸葛亮(孔明)の舌戦はやはり、諸葛亮ファンにはたまらないのではないかと思います(笑)

魯粛と諸葛亮と孫権の駆け引きは見物でした。

《ドラマ三国志演義1994(旧三国志)のエピソード》

旧三国志(三国志演義)の「第30集 『舌戦群儒』趙雲、張飛の豪胆、諸葛亮の三寸不爛の舌」のあたり。

主要登場人物:劉備、張飛、趙雲、曹操、曹仁、曹洪、夏侯傑、甘夫人、諸葛亮、魯粛、孫権、張昭、黄蓋

《三国志スリーキングダムとドラマ三国志演義(1994)の比較》

前作の三国志演義との舌戦の内容は似ているが、違った迫力がありましたね。

キャスト・声優が違うだけで、あれだけ変わる者なんですね。

前作の諸葛亮(孔明)は、すごく威圧的でしたが、スリーキングダムズでは、まだまだ柔らかくあっさりしていた気がしますね。

作品ごとのキャスト・吹き替え版ならではの、違いを楽しむのは醍醐味ですよね。

前作のあれがよかった、今回のあれがよかったなど…。この回はそれが存分に楽しむことができました。

《三国志スリーキングダムの登場人物(キャスト)》

曹操 … 陳建斌(チェン・ジェンビン) 声:樋浦勉
程昱 … 蒋昌義(ジャン・チャンイー) 声:小野健一
蔡瑁 … 劉丹(リュウ・ダン) 声:高山春夫

劉備 … 于和偉(ユー・ホーウェイ) 声:家中宏
諸葛亮… 陸毅(ルー・イー) 声:堀内賢雄
劉琦 … 樊菅 声:手塚ヒロミチ

孫権 … 張博(チャン・ボー) 声:咲野俊介
魯粛 … 霍青(フォ・チン) 声:岩崎ひろし
張昭 … 申傑(シェン・ジェ) 声:小川真司
黄蓋 … 劉魁 声:小山武宏
虞翻 … 斉環 声:林 和良

また、大画面などで楽しみたい方も以下のDVD・ブルーレイに収録されていますので購入してみてはいかがでしょうか?

三国志 Three Kingdoms 第4部-赤壁大戦- ブルーレイvol.4 [Blu-ray]33話~42話収録/全95話(全9巻)

2018年11月14日水曜日

第37話 「儒者たちとの舌戦」(前編)

第37話 「儒者たちとの舌戦」

こんにちは、はちやです。

流行語大賞がノミネートされて、紅白の出場者も決まっていよいよ年末感でてきましたね!

今年も思い起こせば、あっという間でした。

さて、今回から本格的な歴史的名高い赤壁の戦いに大きく舵をきっていくことになります。

クライマックスといっても過言ではないですよね!

それでは、さっそくあらすじを見ていきましょう、

《三国志スリーキングダムの第37話あらすじ》


曹操軍の追手から逃げ、なんとか江夏の城に落ち延びることができた劉備たちでしたが、近いうちにまた曹操が南下してくることは明白でした。

荊州までも抑え、巨大な勢力になった曹操が江夏へせめてくれば、守りが堅いといえども持ちこたえることができるかわかりません。

諸葛亮(孔明)は、劉備に江東の孫権と手を組んで曹操に対抗するべきと進言します。

今後の事を協議しているうちに、江東から孫権の使いである魯粛(ろしゅく)が、劉琦(りゅうき)の父である劉表の弔問に訪れました。

今回から本格的に魯粛が登場するようになり、魯粛は劉備と孫権が同盟関係をつなぐキーパーソンとなる人物です。

諸葛亮(孔明)は、魯粛の訪れた理由が劉表の弔問ではなく、真の目的は劉備の内情と動向を探るためであるとすでに見抜いていました。

魯粛は、劉備と諸葛亮に面会すると、すぐに劉表の弔問は表向きであり、劉備の様子を探りに来たことを打ち明けます。

諸葛亮(孔明)は、なぜ本当の事を打ち明けたのかと魯粛(ろしゅく)に尋ねると、初めから諸葛亮(孔明)に見透かされることがわかっていたので、変な探りごとを抜きにして、すぐに正直に本題に入るのが良いと考えたと打ち明けるのでした。
さらに、魯粛は曹操軍の兵力を尋ねると、諸葛亮(孔明)は、曹操軍の膨大な兵力を伝えた後に、次の狙いは江東だと言い放ちます。

その言葉を聴き、遂に魯粛も劉備と手を組み対抗する意思を固めます。

劉備は、劉表が孫堅を殺めた敵でもあったため、江東と力を合わせるのは不可能と考えていました。

そこで孫権と同盟を組み、共に曹操に対抗できるならと、劉備にとっても願ってもない話しでした。

そこに魯粛の後押しがあったので、思わず劉備も感謝の気持ちを隠せませんでした。

諸葛(孔明)も江東を同盟を結ぶために、劉備の使者として、魯粛と共に柴桑(さいそう)に出向くことになりました。

そのころ曹操は、襄陽で兵を養い、水軍の訓練に余念がありませんでした。

曹操は軍議を開き、蔡瑁に3ヵ月で40万の水軍と8千の軍船を作り赤壁に向かうように指示を出します。

さらに、孫権に降伏を促す檄文を程昱に書かせ複写し、大量の檄文を長江に流すように命令します。

江東の臣下・民など、多くの者に読ませ、動揺させるように仕向けています。

その檄文は、柴桑へ向かう諸葛亮(孔明)と魯粛の船にも届きます。

(後半へつづく…。)

《今回の三国志スリーキングダムで気になったところ》

本格的に魯粛(ろしゅく)が登場しますが、やはりあたりになると、どの作品でも赤壁一色になりますね!

「レッドクリフ」のように赤壁を描く映画もでる程、三国志のメインと言っても過言ではない名場面ですので、本当にワクワクしてしまいます!

《ドラマ三国志演義1994(旧三国志)のエピソード》

旧三国志(三国志演義)の「第30集 『舌戦群儒』趙雲、張飛の豪胆、諸葛亮の三寸不爛の舌」のあたり。
主要登場人物:劉備、張飛、趙雲、曹操、曹仁、曹洪、夏侯傑、甘夫人、諸葛亮、魯粛、孫権、張昭、黄蓋

《三国志スリーキングダムとドラマ三国志演義(1994)の比較》

前作の魯粛は、曹力(前半)と(後半)宋幫桂で演じられていたましたが、曹力さんの演じる魯粛が個人的に大好きで、そのイメージが焼き付いていましした。
スリーキングダムズで魯粛を演じる霍青(フォ・チン)さんは、最初違和感ありましたが、最後の方はすっかり定着していました。

総合的に、魯粛を演じるキャストはいい人そうな人が選ばれてますね。相当良い人のイメージなんでしょうね!

《三国志スリーキングダムの登場人物(キャスト)》

曹操 … 陳建斌(チェン・ジェンビン) 声:樋浦勉
程昱 … 蒋昌義(ジャン・チャンイー) 声:小野健一
蔡瑁 … 劉丹(リュウ・ダン) 声:高山春夫

劉備 … 于和偉(ユー・ホーウェイ) 声:家中宏
諸葛亮… 陸毅(ルー・イー) 声:堀内賢雄
劉琦 … 樊菅 声:手塚ヒロミチ

孫権 … 張博(チャン・ボー) 声:咲野俊介
魯粛 … 霍青(フォ・チン) 声:岩崎ひろし
張昭 … 申傑(シェン・ジェ) 声:小川真司
黄蓋 … 劉魁 声:小山武宏
虞翻 … 斉環 声:林 和良

また、大画面などで楽しみたい方も以下のDVD・ブルーレイに収録されていますので購入してみてはいかがでしょうか?

三国志 Three Kingdoms 第4部-赤壁大戦- ブルーレイvol.4 [Blu-ray]33話~42話収録/全95話(全9巻)

2018年11月8日木曜日

第36話 「長坂坡の戦い」(後編)

第36話 「長坂坡の戦い」

こんにちは、はちやです。

11月に入り年末年始に向けて、私も仕事が忙しくなってまいりました。

今年は少しでもやり残しのないようにしたいですよね!

趙雲のプロモーション要素が多い、かっこよすぎる回です(笑)

お楽しみください!

《三国志スリーキングダムの第36話あらすじ》


劉備軍は民を引き連れて、江夏へ逃亡しています。

しかし、一日に約10里程度しか進めないため、まもなく最後尾に近いところには、すでに曹操軍の先鋒が追い付いてしまいます。

混乱の中、趙雲は後方に劉備の夫人たちがいる事に気付き、すぐに救出に向かいます。

その姿をみた麋芳は、趙雲が敵軍の方に走っていく姿を見て、投降したと誤解して劉備に報告します。

しかし劉備は、趙雲が裏切るはずがないときっぱり否定していました。

敵軍の中で、兵士に襲われそうになっていた甘夫人を見つけだすことができ、無事救出することはできましたが、麋夫人が見当たりません。

しばらく探していると、足に大けがをした赤ん坊(阿斗)を抱えた麋夫人がいました。

趙雲は自分の馬を譲り、麋夫人を乗せようしますが、麋夫人は足手まといになるのを嫌い、赤ん坊(阿斗)だけ連れて逃げるように言います。

そうこうしているうちに、趙雲に兵士が襲ってきます。

その隙に、麋夫人は自らを井戸に身を投げてしまいました。

自害してしまった麋夫人に、趙雲はしばらく嘆き悲しみますが、

残った赤ん坊(阿斗)を自分の体に布でしっかり縛り、迫りくる敵軍に突っ込んでいきました。

これが有名な、長坂坡で赤ん坊(阿斗)を助けた趙雲の活躍です。

迫りくる大軍の曹操軍に趙雲を赤ん坊(阿斗)を抱え、必死に脱出するために戦います。

兵士に囲まれ、傷を負いながらも斬りこみ続け、誰も趙雲を仕留めることができません。

その豪傑ぶりを見た曹操は、趙雲に興味をもち矢を放たずに生け捕りにすることを命令します。

趙雲は深手を負いながら包囲を突破し、張飛が待つ長坂橋へ到着しました。

あとは張飛に任せ、自らは劉備のもとに向かいます。

張飛も趙雲が寝返ったのかもしれないと心配していましたが、趙雲の活躍をみて、疑った事を反省するのでした。

奥に進むと、そこには劉備の姿がありました。

傷だらけでボロボロになった趙雲でしたが、すかさず赤ん坊(阿斗)を劉備に差し出します。

しかし劉備は喜ばず、赤ん坊を投げ捨ててしました。

「赤ん坊のせいで、優れた将軍を失うところであった!」と怒り、趙雲の手を握りねぎらいます。

その言葉を聞いた趙雲は、感激のあまりに涙し、さらに忠義を誓うのでした。

一方、張飛は橋のことろで一人で立ち、

「燕人張飛ここにあり!俺と勝負しろ!」

と大声で怒鳴ります。

曹操軍は恐れおののき、張飛の怒号で落馬するほどでした。

さらに張飛は橋の後方に土煙をたたせて伏兵を配置しているかのような、張飛ならでの妙案をだしていました。

それをみた曹操は、橋の後方に土煙がたっているので、伏兵がいると判断し撤退を命令します。

曹操が退却後に、張飛は橋を壊して去っていくのでした。

行きついた先には長江があり、行き止まりになってしまいました。

遂に、万事休す…。

劉備たちは覚悟を決め、自害しようとしたときに、長江から船団の姿が…。

まぎれもなく、関羽がお願いした劉琦(りゅうき)の軍団です!

急いで劉備たちは船にのり江夏へと撤退していくのでした…。

(次回へつづく…。)

《今回の三国志スリーキングダムで気になったところ》


<「青釭の剣」(せいこうのけん)について>

三国志スリーキングダムでもほかの三国志演義でもさらっと扱われがちな曹操の宝剣です。

ゲームなどでよく登場する、逸品がここで手に入ります。

長坂坡の戦いで、趙雲が夏侯恩から手に入れた剣です。

夏侯恩は曹操から「青釭の剣」(せいこうのけん)を預かっており、趙雲に奪われたということになります。

「岩を泥のように斬ったと言い伝えられる名剣」との事、正史では登場しないため、架空の剣とされています。

<趙雲の活躍について>

長坂坡での趙雲の活躍のシーンは、三国志スリーキングダムでのプロモーションシーンによく使われていたほどの名シーンです。

ちょっとかっこよすぎるでしょう。間違いなくファンは増えます(笑)

前作の三国志演義もよかったですが、もっとアクション性が高いシーンにできあがっております。

《ドラマ三国志演義1994(旧三国志)のエピソード》

旧三国志(三国志演義)の「第30集 『舌戦群儒』趙雲、張飛の豪胆、諸葛亮の三寸不爛の舌」のあたり。

主要登場人物:劉備、張飛、趙雲、張ゴウ、曹操、曹仁、曹洪、夏侯傑、甘夫人、諸葛亮、魯粛、孫権、張昭、黄蓋

《三国志スリーキングダムとドラマ三国志演義(1994)の比較》

張飛の妙案のシーンは今回は少しさくっとでしたが、前回はもう少ししっかり張飛のシーンがあったように思います。

要所要所に大切なシーンは前作の方が、丁寧だった気がします。そこは残念!

《三国志スリーキングダムの登場人物(キャスト)》

曹操 … 陳建斌(チェン・ジェンビン) 声:樋浦勉
曹仁 … 洋光(ヤン・グアン) 声:手塚秀彰
荀彧 … 李建新(リー・ジェンシン) 声:星野充昭
張遼 … 程相銀(チョン・ シャンイン) 声:堀部隆一
許褚 … 郭濤(グオ・タオ )声:宝亀克寿
曹洪 … 李代慶 声:高山春夫
徐晃 … 陳威 声:林和良

劉備 … 于和偉(ユー・ホーウェイ) 声:家中宏
諸葛亮… 陸毅(ルー・イー) 声:堀内賢雄
関羽 … 于栄光(ユー・ロングァン) 声:田中正彦
張飛 … 康凱(カン・カイ) 声:天田益男
趙雲 … 聶遠(ニエ・ユエン) 声:遊佐浩二
孫乾 … 楊瑞(ヤン・ルイ) 声:林 和良
糜夫人… 商憶沙(シャン・イーシャー) 声:神保巴
甘夫人… 唐姉娣

蔡瑁 … 劉丹(リュウ・ダン) 声:高山春夫
劉琮 … 邱爽 声:林 和良
劉琦 … 樊菅 声:手塚ヒロミチ

また、大画面などで楽しみたい方も以下のDVD・ブルーレイに収録されていますので購入してみてはいかがでしょうか?

三国志 Three Kingdoms 第4部-赤壁大戦- ブルーレイvol.4 [Blu-ray]33話~42話収録/全95話(全9巻)

2018年11月6日火曜日

第36話 「長坂坡の戦い」(前編)

第36話 「長坂坡の戦い」

こんにちは、はちやです。

今週はまた24度とかになり、あつぅなったり、さむぅなったりして、体がついていくのに忙しい週となっております…。

さて今回は、かなり有名なシーンが目白押しで、三国志ファンでなくても楽しむことができる回だと思います。それでは、あらすじをどうぞ!


《三国志スリーキングダムの第36話あらすじ》


荊州の劉表が亡くなり、蔡瑁の手によって残った劉表軍の配下達は、続々と曹操に降伏していきます。

降伏した蔡瑁は、早速曹操に謁見します。

曹操は、蔡瑁が水の上の戦に長けているため、水軍の総大将である大都督に命じます。

主君を裏切り降伏して来た蔡瑁の大出世に対し、荀彧(じゅんいく)は、不忠の輩である蔡瑁の大抜擢に理解できず、曹操に苦言を言います。

問い詰める荀彧(じゅんいく)に対して曹操は、「蔡瑁の忠義などどうでもいい、江東を得るために周瑜(しゅうゆ)の水軍に勝つために訓練せねばならん」と答えます。

その答えに荀彧(じゅんいく)は関心して納得するのでした。

次に、荊州の主になった劉琮(りゅうそう)が、曹操の前に許褚(きょちょ)によって連れて来られます。

曹操は、荊州の兵力を問います。

すると、劉琮(りゅうそう)が「騎馬兵5万、歩兵10万、水平18万があり、1年分の貯えがある」と答えます。

それほどの膨大な兵力があるのに、降伏したことを曹操に問い詰められ、劉琮(りゅうそう)は返す言葉がなくなってしまいました。

曹操は、劉琮(りゅうそう)に荊州にいると身が危険だと言い、荊州ではなく許都に住まわせることを提案して、すぐに劉琮(りゅうそう)を、送り出してしまいます。

劉琮(りゅうそう)は、降伏の条件として、荊州の刺史にすることを打診していましたが、聞き入れてもらえない形となってしまいました。

しばらくすると、曹仁・張遼・徐晃達が、敗戦の報告にやってきます。

「劉備軍の策にはまり、約5万の兵を失い二度戻りました…。」

怒鳴りつける曹操ですが、曹仁から劉備が江夏へ民を引き連れて逃げたという話しを聴きます。

すかさず曹操は、曹操自ら鉄騎兵5千を引き連れて追跡するのでした。

一方、劉備は江夏へ向けて民と共に進軍しています。

しかし民は疲れ果ててしまい、1日に10里程度とほとんど進むことができません。

孔明(諸葛亮)もしきりに、「民を捨てればすぐに江夏にいける」事を進言しますが、劉備は自分に着いてきてくれた民を見捨てることはできず、絶対に聞き入れません。

そこで、孔明(諸葛亮)は、一足先に赤兎馬で江夏に行き、劉琦(りゅうき)に救援を求めるように関羽に促します。

孔明(諸葛亮)の命を受けた関羽は、すぐに赤兎馬で江夏に向かうのでした。

(後半へつづく…。)


《今回の三国志スリーキングダムで気になったところ》


総合的にスリーキングダムで演じる曹操は、前作の三国志演義と比べても、比較的コミカルに描かれているように思います。

今回の、曹仁達が劉備に敗れて戻ってきて怒るシーンや、劉琮を騙したシーンも表情や発言が豊かで楽しめるシーンだと思います。

《ドラマ三国志演義1994(旧三国志)のエピソード》


旧三国志(三国志演義)の「第29集 『携民渡江』劉備、領民を携えての苦難の逃走」のあたり。

主要登場人物:劉備、諸葛亮、関羽、張飛、超雲、曹操、徐庶、蔡瑁、魏延、文聘、蔡夫人、劉琮、于禁、筍或、甘夫人、張遼、夏侯恩、許楮、劉嘩

《三国志スリーキングダムとドラマ三国志演義(1994)の比較》


三国志演義では、曹操に謁見をしたときに、荊州の兵力と貯えを報告するシーンは、蔡瑁が言ってました(笑)

《三国志スリーキングダムの登場人物(キャスト)》


曹操 … 陳建斌(チェン・ジェンビン) 声:樋浦勉
曹仁 … 洋光(ヤン・グアン) 声:手塚秀彰
荀彧 … 李建新(リー・ジェンシン) 声:星野充昭
張遼 … 程相銀(チョン・ シャンイン) 声:堀部隆一
許褚 … 郭濤(グオ・タオ )声:宝亀克寿
曹洪 … 李代慶 声:高山春夫
徐晃 … 陳威 声:林和良

劉備 … 于和偉(ユー・ホーウェイ) 声:家中宏
諸葛亮… 陸毅(ルー・イー) 声:堀内賢雄
関羽 … 于栄光(ユー・ロングァン) 声:田中正彦
張飛 … 康凱(カン・カイ) 声:天田益男
趙雲 … 聶遠(ニエ・ユエン) 声:遊佐浩二
孫乾 … 楊瑞(ヤン・ルイ) 声:林 和良
糜夫人… 商憶沙(シャン・イーシャー) 声:神保巴
甘夫人… 唐姉娣

蔡瑁 … 劉丹(リュウ・ダン) 声:高山春夫
劉琮 … 邱爽 声:林 和良
劉琦 … 樊菅 声:手塚ヒロミチ

また、大画面などで楽しみたい方も以下のDVD・ブルーレイに収録されていますので購入してみてはいかがでしょうか?

三国志 Three Kingdoms 第4部-赤壁大戦- ブルーレイvol.4 [Blu-ray]33話~42話収録/全95話(全9巻)

2018年11月5日月曜日

第35話 「諸葛亮の緒戦」(後編)

第35話 「諸葛亮の緒戦」

こんにちは、はちやです。

ハロウィンが終わり、もうクリスマス商戦がはじまっていますね!

クリスマスが終われば正月! 早いですね~!

これから、劉備軍は苦労する道を選択することになります。

さすがの諸葛亮も困ってしまっています。これからどう立ち回るのでしょうか?楽しみです!それでは、あらすじをどうぞ

《三国志スリーキングダムの第35話あらすじ》


跡継ぎ争いが原因で、蔡瑁に邪魔をされてしまった劉琦(りゅうき)は、父親に会う事すらできません。

悩んだ末に劉琦(りゅうき)は、自らの身の危険も察知し、劉備に相談するのでした。

劉備は、孔明(諸葛亮)に相談してみるように勧めます。

劉琦(りゅうき)は、策をもらおうと孔明(諸葛亮)を呼び相談しますが、身内同士の争いに首を突っ込むことを嫌った孔明(諸葛亮)は進言を拒みます。

そこで、上の階に有名な書物があると孔明(諸葛亮)を、2階に案内します。

配下にはしごを外させ、孔明(諸葛亮)が降りることができないようにしてしまいます。

もう一度、劉琦(りゅうき)は涙ながらに懇願し、相談します。

孔明(諸葛亮)も仕方なく、

「荊州にいると命が危ないので、江夏の城に逃れるように」と助言することにします。

その言葉に従い、劉琦(りゅうき)は江夏に逃れるのでした。

まもなくすると、夏候惇率いる曹操軍を破り大勝利を収めた関羽・張飛たちが凱旋します。

すかさず孔明(諸葛亮)の元に行き、大勝利を収めたことを報告し感謝します。

この戦いを境に関羽と張飛は孔明(諸葛亮)に心服して態度を改めるのでした。

孔明(諸葛亮)は、次は曹操が大軍で新野に攻めてくることを見越しており、

小さな新野では守りきれないので、劉表から荊州を託されたら断らないように劉備に進言します。

しかし劉備は義を重んじ、「息子の劉琦(りゅうき)が継ぐべきである」と考えていたので、断ってしまいます。

劉表が臨終する際にも、劉表自ら劉備に荊州を託しますが、やはり断ってしました。

そうしているうちに、曹操の50万の大軍が押し寄せてきてしまいます。

劉表が没し荊州は主が不在の状態になってしまいます。

どうしても荊州を引き受けない劉備に、孔明(諸葛亮)は仕方なく、守りが硬い江夏へ落ち延びることを進言します。

新野の民が劉備を慕っており、民もついていこうとします。

またも劉備の義を重んじる心が、孔明(諸葛亮)を困らせてしまいます。

ついてきてくれようとする民も一緒に連れていきたいと…。

孔明(諸葛亮)は、行軍が遅いので危険であると散々訴えますが、劉備は聞き入れません。

義を重んじる劉備の考えに、孔明(諸葛亮)は改めて感激します。

かくして、民を引き連れ、劉備軍の江夏への逃避行が始まりました。

一方、荊州の主である劉表が亡くなったあとの襄陽城(じょうよう)では、蔡瑁が嘆き悲しむ劉表の息子、劉琮(りゅうそう)に大軍で押し寄せる曹操軍に降伏を進言していました。

劉琮(りゅうそう)が判断を下す前に、すでに蔡瑁は曹操軍に降伏をする準備も進めていました。

戦っても勝ち目がないと諭された劉琮(りゅうそう)は、蔡瑁と蔡氏に操られるように降伏してしまいました。

こうして、戦わずして曹操軍は荊州9郡を手中に収めるのでした。

(次回へつづく…。)

《今回の三国志スリーキングダムで気になったところ》


<水魚の交わりについて>

劉備が諸葛亮を配下に加えたことで、水を得た魚となったという意味を表しており
「水魚の交わり」という故事成語が誕生しています。

「水と魚が切っても切り離せ関係であり、離れることのできない親密な間柄である 」とあるように本来は恋人・夫婦間で使われていたそうです。

劉備と諸葛亮が恋人同士のようだってことなんですかね!おもしろいです。

《ドラマ三国志演義1994(旧三国志)のエピソード》


旧三国志(三国志演義)の「第28集 『火焼博望坡』諸葛亮、初陣、博望坡で夏候惇を火攻め」のあたり。

主要登場人物:劉備、諸葛亮、劉表、関羽、張飛、超雲、夏侯惇、曹操、曹仁、李典、于禁、徐庶、蔡瑁、劉琦

《三国志スリーキングダムとドラマ三国志演義(1994)の比較》


今作の蔡瑁は、悪役に磨きがかかっていました。前作の三国志演義なんてまだまだかわいい方でしたよ。

見ている方も不快感を生み出すほどの悪役ぶりはさすがです!

《三国志スリーキングダムの登場人物(キャスト)》


曹操 … 陳建斌(チェン・ジェンビン) 声:樋浦勉
劉備 … 于和偉(ユー・ホーウェイ) 声:家中宏
諸葛亮… 陸毅(ルー・イー) 声:堀内賢雄
関羽 … 于栄光(ユー・ロングァン) 声:田中正彦
張飛 … 康凱(カン・カイ) 声:天田益男
趙雲 … 聶遠(ニエ・ユエン) 声:遊佐浩二
孫乾 … 楊瑞(ヤン・ルイ) 声:林 和良
関平 … 範近輪 声:名村幸太朗
簡雍 … 声:岡 哲也

劉表 … 姫成功(ジー・チョンゴン) 声:田原アルノ
蔡氏 … 孫寧(ソン・ネイ) 声:日野由利加
蔡瑁 … 劉丹(リュウ・ダン) 声:高山春夫
劉琦 … 樊菅 声:手塚ヒロミチ
劉琮 … 邱爽 声:林 和良

また、大画面などで楽しみたい方も以下のDVD・ブルーレイに収録されていますので購入してみてはいかがでしょうか?

三国志 Three Kingdoms 第4部-赤壁大戦- ブルーレイvol.4 [Blu-ray]33話~42話収録/全95話(全9巻)

よく読まれている記事