2018年5月16日水曜日

第3話 「曹操、善人を誤殺す」


第3話 「曹操、善人を誤殺す」

こんにちは。蜂屋です。

今回から董卓討伐軍の話しになるので、三国志らしい世界観が展開されると思うので、乞うご期待!

まずは簡単なあらすじを見ていきましょう。

スポンサーリンク


《三国志スリーキングダムのあらすじ》


叔父の呂伯奢の屋敷に立ち寄り、泊めてもらうことになります。

二人が眠っているときに家来たちが料理をするための準備をしていました。
刀を研いでおり、音を耳にした曹操らは自分たちが殺されると想い、殺害してしまう。

曹操らはあわてて屋敷から逃げ出します。

そこにもてなそうと思い、酒を買ってきて戻ってきた呂伯奢に出くわし殺害してしまいます。

陳宮がなぜ叔父まで殺害してしまったことたずねます。ここで、陳宮に放った言葉が、曹操の名言となります。

「宁肯我负天下人、不可天下人负我」(我、人に背くとも人、我に背かせじ)

この一件で、陳宮は曹操を見限って去ってしまいます。

曹操は故郷に戻り挙兵します。

袁紹を盟主とした、董卓討伐軍が結成され、十八鎮諸侯が一堂に会します。
その中に、劉備・関羽・張飛の姿が…。

その後、董卓配下の猛将・華雄が軍を率いてやってきて…
連合軍に挑戦してきたところで、「汜水関の戦い」が始まります!

ドラマ三国志演義(旧三国志)のエピソード


旧三国志でいう第5集 『三英戦呂布』劉備、関羽、張飛の三兄弟、虎牢関で呂布と戦うのあたりでしょうか。

《今回の三国志スリーキングダムで気になったところ》


  • 前半部分に起こる呂伯奢事件の時の曹操と陳宮の焦りを隠しながらも悪人キャラを演じる曹操と理解に苦しみ感情的になる陳宮のやりとりは見てて面白かった。
  • やはり董卓連合軍の十八鎮諸侯が集う場面はやはり、有名人がそろうのでテンションはあがりますね!しかも旧三国志のキャストと比較しながら見ているので、面白いんですよ!絶対こっちの方がイイ!と思う人もいれば、旧三国志の方がよかった!のような主観になりますが、感想がでてきますね。(袁紹役の人・袁術役の人も全然イメージ違いますし)
  • いろいろ調べていると、十八鎮諸侯の内訳の説がさまざまなので気になりました!もう少し調べてみたいと思います。

《三国志スリーキングダムの登場人物(キャスト)》


旧三国志(三国志演義)

曹操 ・・・ 鮑国安(バオ・グオアン)
袁紹 ・・・ 李慶祥、洪宇宙
劉備 ・・・ 孫彦軍
関羽 ・・・ 陸樹銘
張飛 ・・・ 李靖飛

三国志スリーキングダム(ThreeKingdoms)

曹操 ・・・ チェン・ジェンビン
袁紹 ・・・ シュー・ウェングァン
劉備 ・・・ 于和偉(ユー・ホーウェイ)
関羽 ・・・ 于栄光(ユー・ロングァン)
張飛 ・・・ 康凱(カン・カイ)

今回紹介したあらすじは、動画配信サービスなどに配信されております。※配信状況などにはご注意ください!
また、大画面などで楽しみたい方も以下のDVD・ブルーレイに収録されていますので購入してみてはいかがでしょうか?

三国志 Three Kingdoms 第1部 -董卓専横- ブルーレイ Vol.1 第1話~第10話収録

よく読まれている記事