2018年6月1日金曜日

第13話 「曹操、皇帝を傀儡とす」

第13話 「曹操、皇帝を傀儡とす」

こんにちは蜂屋です。

このブログツールの使い方が少しずつ理解できてきた今日このごろです。
知れば知るほど奥が深い…。

それでは、かんたんなあらすじです。

スポンサーリンク


《三国志スリーキングダムのあらすじ》


今回は曹操のお話し。

曹操の元に、皇帝の側近である董承から密書が届きます。
李傕と郭汜が争い、献帝が長安から逃れ洛陽へ向かっているため、助けを求める内容でした。この密書は各諸侯に届けられていました。

この密書を読んだ曹操はこの好機を逃すまいと、すぐに洛陽へ兵を連れ向かいます。

同じころ、河北の袁紹にも救いを求める詔が届いていました。
袁紹は詔の内容を家臣に相談します。ここで意見が分かれてしまいます。

許攸は「今すぐ献帝を助けるべき」と主張。

田豊は「献帝を救えば足手まといになるので反対」と主張。

袁紹は田豊の意見を取り入れ、献帝を助けに行くことをやめてしまいます。
この決断が、のちに袁紹が強く後悔することになります。

場面は変わり、献帝一行は董卓が焼き払い荒れ果てたままの洛陽に到着しておりました。
廃墟と化しており、食べ物はおろか飲み水もありませんでした。献帝の身なりもボロボロでひどいありさまでした。

そこに軍隊が到着します。献帝一行は怯えますが、曹操の援軍だと知ると安堵し歓喜します。
すると荀彧は曹操に、礼を尽くして献帝に謁見し、さらに飲まず食わずをのため温かい肉などの食べ物を提供する。

「時に食べ物は、金銀財宝や宝石に勝る。」と進言し、曹操は進言通りにします。

献帝は無我夢中で“肉入りのスープ”などをたいらげます。「朕は、半年以上も肉を口にしていなかった」と感謝の意を述べ、董承らも感激して曹操を大いに称えます。

恩を売ることに成功した曹操は、洛陽の復興は困難とし自身の本拠地である許に遷都することを進言します。

曹操の大軍を目の前にした献帝や董承ら配下は、難色を示しますが従い認めるしかありませんでした。

思惑通りに献帝を許に連れ帰った曹操は荀彧に命じ詔を作らせ、許の改名、元号の制定、各地の諸侯に爵位を与えるなど上奏し、帝の名を借り各諸侯に自分の思い通りに詔勅を発布します。

この一連の行為などで、献帝は曹操の傀儡(かいらい)となった事を理解します。

詔勅は、袁紹の元にも届きます。そこでようやく袁紹は、自分の下した判断を後悔し、曹操と雌雄を決する決断をします。

曹操は、劉備と袁術双方争わせるように、お互いを討伐するように密書を詔勅と合わせ送っています。
(次回につづく…)

ドラマ三国志演義(旧三国志)のエピソード


旧三国志(三国志演義)の第10集 『轅門射戟』呂布、陣門に戟を射て仲裁すのあたり

《今回の三国志スリーキングダムで気になったところ》


  • 曹操のやること強烈です。董卓以上の腹黒さに感じます。
  • それにしても献帝が食べている食事を見ていると、私までおなかがすきました(笑)見てる側までもおいしそうに見せる演出はさすがです(そこか…

《三国志スリーキングダムの登場人物(キャスト)》


旧三国志(三国志演義)


曹操 ・・・ 鮑国安
曹仁 ・・・ 邰祖輝
袁紹 ・・・ 李慶祥、洪宇宙
劉備 ・・・ 孫彦軍

三国志スリーキングダム(ThreeKingdoms)


曹操 ・・・ 陳建斌(チェン・ジェンビン)
曹仁 ・・・ 洋光(ヤン・グアン)
荀彧 ・・・ 李建新(リー・ジェンシン)
袁紹 ・・・ 許文廣(シュー・ウェングァン)
劉備 ・・・ 于和偉(ユー・ホーウェイ)

今回紹介したあらすじは、動画配信サービスなどに配信されております。
※配信状況などにはご注意ください!
また、大画面などで楽しみたい方も以下のDVD・ブルーレイに収録されていますので購入してみてはいかがでしょうか?

三国志 Three Kingdoms 第2部-徐州争奪- ブルーレイvol.2 [Blu-ray]11話~20話収録/全95話(全9巻)

よく読まれている記事