2018年6月12日火曜日

第18話 「呂布の死」

第18話 「呂布の死」

こんにちは、蜂屋です。

ついにこの時がやって参りました。
やだ!見たくない!でも見ちゃう!第一部クライマックス!

今回は第一部「群雄割拠」の最終話、西暦198年。下邳(かひ)の戦いを描いています。

スポンサーリンク


《三国志スリーキングダムのあらすじ》


呂布軍は下邳に追い込まれ、曹操軍に包囲されています。

曹操は呂布に会談を申し出ています。
要請に応じ、呂布と曹操は対面します。

曹操は呂布に投降を促します。
「人中に呂布あり、馬中に赤兎あり」と呂布をおだて、機嫌をとります。
さらに「全軍の指揮も任せる」とまでもいい、呂布もその気になり投降を本気で考えます。

すると、陳宮が曹操の足元に向けて矢を打ち、話しを中断させ、話し合いは打ち切られます。

陣にもどった曹操に、郭嘉が下邳の水攻めを進言します。曹操は決意し、水攻めの準備を命じます。

その頃、呂布陣営では、陳宮が一計を案じます。
呂布が城外に出て、曹操軍を挟み撃ちにしようと進言します。呂布も陳宮の進言通り、城から出る準備をします。

そんな最中、貂蝉が病を患ってしまいます。心配する呂布は、城外に出ることができず貂蝉のそばから離れません。

陳宮は何度も何度も呂布に進言しますが、とうとう出ることもできなくなってしまいます。

さらに、曹操軍の水攻めが本格的にはじまり、大量の水が下邳を襲います。

ついに陳宮も負けを覚悟したようです。「魚になるか、投降するか」と言い放ちます。完全に万事休すの状態でした。

そこへ、曹操軍からの呂布に賞金首をかけた矢文が下邳に向けて放たれます。呂布の配下が文を読んだだけで、棒で叩いたりして罰します。もう何が何だかってとこでしょうか?

酒に酔って寝ていたところを、罰した配下の裏切りに合い捕縛されてしまいます。(おそらく侯成・宋憲・魏続)
曹操も初めは陳宮の策だと疑いますが、方天画戟(ほうてんがげき)が投げ込まれたので信用します。

連行された呂布も曹操と手を組む提案をしたり、縄がきついなどいろいろとごねますが聞き入れられず。劉備にも見放されてしまいます。

呂布の処刑の場面は少しこれまでの三国志演義と違いドラマチックな処刑シーンなので、少しポロっとなります。

つづいて、張遼も連行されてきますが、曹操に帰順します。

最後に陳宮ですが、曹操はなんとか説得したいと考えており、考えなおすように説きます。しかし、本人は憎みきっているので、罵しるばかりで全く受け入れません。

ついに陳宮も曹操の見守る中、処刑されてしまいます。さすがの曹操も涙を流します。
(次回につづく…)

ドラマ三国志演義(旧三国志)のエピソード


旧三国志(三国志演義)の第13集 『白門楼 下』希代の猛将、呂布の最後のあたり。

《今回の三国志スリーキングダムで気になったところ》


  • 旧三国志演義のタイトルにあるように「白門楼」と使っていたが、「三国志ThreeKingdoms」ではその言葉は使用しなかったんですね。
  • 旧三国志にあった袁術の援軍を得るために、呂布が包囲を破り娘を連れて行こうとするシーンはありませんでしたね。
  • 本作は呂布が出陣しなかった理由が貂蝉の病気なんですね。三国志演義では本妻だったのであながち間違いでもないか。
  • 曹操が陳宮を見送るシーン泣きました…。なんか辛かったな…。温度差がある旧友でしたが。戦って残酷なものですね…。
  • ちょっと張遼の影が全体的に薄いですね。
  • 一言言わせてください。呂布のオバカorz。

《三国志スリーキングダムの登場人物(キャスト)》


旧三国志(三国志演義)


曹操 ・・・ 鮑国安
曹仁 ・・・ 邰祖輝
郭嘉 ・・・ 蒋榿

劉備 … 孫彦軍
関羽 … 陸樹銘
張飛 … 李靖飛

呂布 … 張光北
貂蝉 … 陳紅

三国志スリーキングダム(ThreeKingdoms)


曹操 … 陳建斌(チェン・ジェンビン)
曹仁 … 洋光(ヤン・グアン)
郭嘉 … 王今心

劉備 … 于和偉(ユー・ホーウェイ)
関羽 … 于栄光(ユー・ロングァン)
張飛 … 康凱(カン・カイ)

呂布 … 何潤東(ピーター・ホー)
貂蝉 … 陳好(チェン・ハオ)

今回紹介したあらすじは、動画配信サービスなどに配信されております。
※配信状況などにはご注意ください!
また、大画面などで楽しみたい方も以下のDVD・ブルーレイに収録されていますので購入してみてはいかがでしょうか?

三国志 Three Kingdoms 第2部-徐州争奪- ブルーレイvol.2 [Blu-ray]11話~20話収録/全95話(全9巻)

よく読まれている記事