2018年6月13日水曜日

第19話 「曹操・劉備の暗闘」

第19話 「曹操・劉備の暗闘」

こんにちは、蜂屋です。
今回から第2部「中原逐鹿」(ちゅうげん・ちくろく)がはじまります。

私自身、ちょっと意味が入ってこなかったので調べてみました。

「中原逐鹿」(ちゅうげん・ちくろく)とは…?


<意味>
多くの英雄が天子の位を狙って争うこと。または、一つの地位などの目的を狙って競い合うこと。
「中原」は中国の黄河中流域のことで、当時の国の中心ということから天下のたとえ。
「逐鹿」は鹿を追いかけることで、「鹿」は天子の位のたとえでもあり、猟師が鹿を追いかけることを天下を狙って競い合うことにたとえたもの。

だそうです。それではかんたんなあらすじから見ていきます。

スポンサーリンク


《三国志スリーキングダムのあらすじ》


呂布を処刑し、念願の徐州を手に入れた曹操。
反対に、最愛の夫を亡くし悲しみに暮れている貂蝉の姿がありました。

曹操は密かに貂蝉の事を気にかけており、金品などを贈り酒宴に参加するように促しております。

貂蝉は曹操に呂布の亡骸を引き取りたいとお願いし、川辺で呂布の体をふき取っています。

荀彧は、曹操は色好きで貂蝉を気にかけているのをすでに気づいており、雛氏(すうし)の事件を例にあげ忠告します。
雛氏(すうし)に夢中になり、張繍に奇襲され曹操も危険な目に合い、猛将典韋と曹昂が犠牲になる話しをした上で、

荀彧: 「あの女は危険です、董卓や呂布の末路をお忘れですか?」と進言します。

曹操: 「忠告感謝するが、ワシは董卓でもなければ呂布でもない」といい聞き入れません。

そのころ曹操は、祝勝会を開き配下は楽しんでいる中、荀彧だけは浮かない顔をしていたので、許褚(きょちょ)は荀彧から話しを聴き、許褚(きょちょ)はすぐさま曹操の元に向かいます。

許褚が「妖婦め覚悟しろ!」と曹操と貂蝉がいる白門楼に乗り込みますが、到着すると貂蝉はすでに七星剣で自害しようとしており、まもなく自害してしまいます。

曹操も荀彧の差し金だなと怒り、「棒叩きの罰を30回受けてこい!」と怒鳴りますが、すぐに取り消します。しかし、許褚は罰を受けるといい去っていきました。

さて、呂布を討伐し徐州を手に入れ憂いを取り除くことはできましたが、まだ北には強大な勢力の袁紹と公孫瓉(さん)が控えており、まだまだ気を抜くことはできず、勝利の余韻も冷めないうちに許都に帰ると告げます。

さらに呂布討伐で、劉備も功績があるので、劉備の処遇にも悩んでいました。
そこで曹操は、郭嘉・程昱・荀彧たちにたずねます。程昱は「徐州には名ばかりで統治させておいて、実権は我々が握りましょう」と進言したので決定しようとした矢先に、徐州の民の代表から「劉備様を徐州牧にしてほしい」という申し出があり、曹操も協力を約束し民を返しました。

民が帰ると、曹操は「断じて劉備に徐州に守らせん!」と大激怒します。
劉備は非常に民から慕われていると知り、徐州にいると実権を握られてしまうと恐れた曹操は、劉備に「献帝に会わせる」ことを口実に同行させることに決定します。

この時、天子は曹操を丞相に任命します。
劉備と献帝との初めての対面で「中山靖王の末裔」と聞き、家系図を読み上げさせます。その上で皇叔と認められ、左将軍に昇進します。

程昱は曹操に、皇位に就くことを勧めます。
しかし、必ず反発が起こることなどを、袁術の例をだし躊躇しています。
さらに荀彧も納得しないなど、皇位に就かない理由を話します。

曹操は程昱の勧めもあり、許田にて献帝との巻狩りを提案し天子と主要なものたちを狩りに誘います。

狩りに行くと曹操は、天子から弓を奪い鹿を仕留めるなど無礼窮まりない行動をとります。
曹操の武勇を称賛するものもいる一方、それを見ていた関羽は剣を抜こうとし、漢の臣下である董承は不快感を示します。荀彧もため息をつくありさまでした。状況を察した曹操は今はその時ではないと程昱にも伝え思い留めさせます。

曹操に恥をかかされ、無礼な行動を繰りかえし傀儡され続ける献帝は、この状況を打開するために策を練るのでした。
(次回につづく…)

ドラマ三国志演義(旧三国志)のエピソード


旧三国志(三国志演義)の第14集 『煮酒論英雄』曹操と劉備、英雄を語るのあたり。

《今回の三国志スリーキングダムで気になったところ》


  • やはり「大きな双戟(双鉄戟)と長刀などを愛用し「帳下の壮士に典君あり。一双戟八十斤を提ぐ」と囃された。」とあるように、豪傑典韋が登場しないことに尽きます。濮陽の呂布戦・張繍反乱などたくさん見どころはあるのに…。しかし、旧三国志(三国志演義)も張繍反乱の最後で少しでた程度だった気がします。そんなに使いづらいのでしょうか…。
  • 貂蝉が自害したときの、許褚(きょちょ)と曹操のやりとりがすごく面白く、感情的な二人の細かなやりとりが見物でした。
  • 見ている方まで、悪を感じさせる曹操の演出は素晴らしいですね。献帝がかわいそすぎます。

《三国志スリーキングダムの登場人物(キャスト)》


旧三国志(三国志演義)


曹操 ・・・ 鮑国安
曹仁 ・・・ 邰祖輝
郭嘉 ・・・ 蒋榿
許楮 ・・・ 王建国

劉備 … 孫彦軍
関羽 … 陸樹銘
張飛 … 李靖飛

呂布 … 張光北
貂蝉 … 陳紅

三国志スリーキングダム(ThreeKingdoms)


曹操 … 陳建斌(チェン・ジェンビン)
荀彧 … 李建新(リー・ジェンシン)
郭嘉 … 王今心
程昱 … 蒋昌義(ジャン・チャンイー)
曹仁 … 洋光(ヤン・グアン)
許褚 … 郭濤(グオ・タオ)

劉備 … 于和偉(ユー・ホーウェイ)
関羽 … 于栄光(ユー・ロングァン)
張飛 … 康凱(カン・カイ)

呂布 … 何潤東(ピーター・ホー)
貂蝉 … 陳好(チェン・ハオ)
漢献帝 … ルオ・チン

今回紹介したあらすじは、動画配信サービスなどに配信されております。
※配信状況などにはご注意ください!
また、大画面などで楽しみたい方も以下のDVD・ブルーレイに収録されていますので購入してみてはいかがでしょうか?

三国志 Three Kingdoms 第2部-徐州争奪- ブルーレイvol.2 [Blu-ray]11話~20話収録/全95話(全9巻)

よく読まれている記事